「使いかた」を説明していますか

観光サービス業ホームページ改善の案件(ご相談事例1491)の中で、重要ポイントになった箇所がありました。

いままでのホームページでは、いわゆる「商品(サービス)詳細ページ」は備わっていました。お客様は、そのサービスを選び、注文することができるという、最終的な「勝負ページ」といえます。

しかし問題は、そのサービスに至る前の「前振り」のコンテンツが無かったのです。

このサービスを「知っている」「経験したことがある」「自分がそれを使うところがイメージできる」ならば、それでも成立します。しかし、そうでなければ、いきなり「商品(サービス)詳細ページ」だけあっても途方に暮れるだけです。

イメージできないことについて行動を起こすことは容易ではないでしょう。そこで本件では、このサービスの「使いかた」を具体的に説明するコンテンツを新規に設置することをご提案しました。いわば、「商品(サービス)詳細ページ」にスムーズに移行していただくための「前振り」のコンテンツです。

そのサービスを、購入前に「試していただく」ことは出来なくても、「イメージしていただく」ことは出来るでしょう。このことを目的としたページの作成をご提案させていただきました。

この観光サービス業ホームページ改善は、まだまだ続きます。

自社のHP内容、Web発信について見直したい経営者様へ

貴社のホームページは、顧客に伝わる言葉、表現になっていますか?また、顧客に届きやすいツールを選択していますか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「お客様目線の表現術」「Web活用の全体の最適化」について経営者様へのアドバイス実績が豊富です。
複数人お集まりいただいての、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「お客様目線のWeb発信について」とご連絡ください。

関連するページ

永友事務所のご相談事例

ホームページ改善相談