表具店様がホームページ以外に取り組むべきもの

神奈川県内の、とある街の表具店様からのご用命で、対面型のホームページコンサルティングを実施させていただきました。

ホームページビルダーで自作のホームページを作り、頑張って運営なさっています。

一般的にホームページを「ホームページビルダー」で自作している経営者様は、ご自身で作った「ホームページ」に強い愛着があります。
今回のご相談も、「ホームページを10年以上運営しているが、手詰まりを感じている。よりよい施策はあるのか」というご趣旨のご相談でした。
つまりあくまで「ホームページ」という単品を何とかしようという発想の経営者様が多いようです。

私はホームページの中身や表現についてディスカッションした後、長年のWeb運営の労をねぎらいつつ、以下のようにご提案をさせていただきました。

●地域内で表具店を探す(検索する)お客様のためにも、Googleマイビジネスを活用する

●TwitterやInstagramなどのSNSにも目を向けていく

●一般的に、ごく普通の一般市民が「表具店」と聞いて明確に仕事内容をイメージするのは難しい。だからこそ「どんな場合にどんな風に利用するサービスなのか?」について描写してあげないと(=エピソード投稿)、新しいお客様は増えていかない

この表具店様は、「まずはGoogleマイビジネスを始めてみます」と前向きに仰っていただきました。

Web活用の全体像を見直したい経営者様へ

ホームページはあるが、それだけで十分なのかお悩みではありませんか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、制作会社や広告代理店などではない完全中立第三者の立場からアドバイスをしています。
無料で活用できるGoogleマイビジネスやSNSなども含め、Web活用施策についてご提案をさせていただきます。
お仲間で集まっていただければ、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「Web活用について」とご連絡ください。

関連するページ

ホームページコンサルタント永友事務所のコンサルティングについて

ホームページ改善相談