Web業界での起業予定者へアドバイス

8月のことでしたが、Web業界での起業を考えている女性からご相談がありました。

「Webデザイナーとして起業したいと思っています。身につけておくべき知識や、起業してからどのように事業を進めていけばよいかを教えてください」

ホームページコンサルタント永友事務所はWeb制作会社ではありません。
中小企業・起業家様のホームページ改善(Web活用)に特化したコンサルティング専業事務所で、ホームページ制作業務をしない中立的なホームページコンサルティングのパイオニアだと思っています。

そのことを踏まえてのご相談でした。つまり永友事務所が「制作会社ではない」ということを理解いただいたうえでのご相談だったのです。

私はWeb業界(Web制作、Webデザイン、Webコンサルティング)についての現状や、今後取るべき方途についてアドバイスをさせていただき、また「誰を対象とした事業なのか?をハッキリさせること」の重要性をお話しさせて頂きました。

Web制作やWebデザインについては、その技術を身につけるかたは増えていると思います。

同時に、当たり前ですが実力主義の世界ですから、起業し経営を持続していくことは簡単ではないと思います。

制作会社や他の専門家との提携(アライアンス)、また一見、逆説的ですが「リアル」なこと(地域や人とのご縁)が大事であることをアドバイスさせていただきました。

Web業界で起業してからの制作会社や他の専門家との提携(アライアンス)

Webデザイナーは顧客からの直接受託を待っているのではなく、制作会社様と組んでスキルアップをしていくというのが自然であると思います。

また対象顧客は「経営者」「中小企業」などになるでしょうから、税理士様や社労士様、その他のいわゆる「専門家」のかたからの紹介というルートもあり得ます。
逆に、「経営者」「中小企業」様に対して経営的なアドバイスをするときに、そういった「専門家」のかたを紹介してあげることも顧客満足につながります。

Web起業では「リアル」なこと(地域や人とのご縁)が大事

「経営者」「中小企業」様は、ご縁や紹介というものを大切にするものです。「どこの誰だかわからない人」に仕事を依頼するリスクをご存知だからであり、またご縁や紹介というものを介したつながりが、仕事のしやすさや成果につながりやすいということもご存知だからでしょう。

だからこそ、Webだけで営業を完結しようとは思わず、ぜひリアルな人的交流をすることが大切です。

ホームページコンサルタント永友事務所ご支援のポイント
●「何から着手すればよいかわからない」というご相談が大変多くなっています。わかりやすくご助言サポートします。
●Web活用だけでなく、販促支援の一環としてアナログ手法のご提案もいたします。
●ディスカッションを通じて経営者様に「自社のウリについて改めて気づかされた」と評されます。

起業時、起業後のWeb活用についてお悩みのかたへ

起業にあたり、「Webについて、どこまでどう取り組めばよいかわからない…」とお悩みではありませんか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「中小企業Web活用に特化した」「わかりやすい」コンサルタントとしてホームページコンサルティング、セミナー講師、執筆、審議会委員等を務めています。
無理をするのではなく「効率よい」「無駄のない」ネット活用「頑張らないWeb活用」を提唱しています。
お仲間で集まっていただければ、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「起業時のWeb活用について」とご連絡ください。

関連するページ

永友事務所のご相談が初めてのかたへ
ホームページ改善相談