ペンション様ホームページコンサルティング

とある街のペンション様へホームページコンサルティングを実施させていただきました。

このペンション様がある街は、当然ながら「観光地」であり、ペンションの激戦区です。

ホームページやブログ、SNSなどを駆使して実際にお客様が増えているそうでしたが、まだまだ顧客増の余地が大きいということで、「さらに良いホームページにするには」という点について非常に熱心に勉強なさっていました。このペンション様は大きく3つの特徴があり、それぞれ人気となっています。

今回のご支援では、2回に分けて以下事項を協議、ご助言させていただきました。

ホームページで、対象者をもっと細分化して訴求する

マーケティングの鉄則は「誰に、何を」だと思います。このペンション様は、当然ながら「その街に観光に来るなら当ペンションにお泊りください」という趣旨のPRをなさっていました。つまり「この街への観光客様」に対して、自店の利用を促しています。

それはもっともですが、この街のペンション様はほとんど「この街への観光客様」に対して自店の利用を促していますので、差別化になりません。お客様も選びようがない状態で、困ってしまうものと思います。

そこで思い切って、「とあるお客様層」に対しての訴求を強めました。つまり「この街の観光客の皆さん」ではなく、別の着眼点で「誰に対するペンションか」をPRしていったわけです。

その結果、その「とあるお客様層」と、それに類似するお客様の利用が増えたとのことでした。

ブログの改善、特に検索エンジン対策(SEO)の強化

このペンション様が素晴らしいことのひとつは、ブログをほとんど毎日更新なさっていることでした。「毎日」という更新頻度が素晴らしいということではなく、「コツコツと続けてきた」ことに意義があります。

しかしながらこのペンション様のブログは「昨日や当日の出来事を、徒然に書いている」状態でした。もちろん出来事を書くこと自体が「エピソードの描写」になり、またお店様の備忘録にもなりますので良いことだと思います。

同時に考えていただきたかったのは検索エンジン対策(SEO)です。お客様の目線にたち、読者(ターゲットユーザー)が読んだ時に「不安や疑問の解決」につながるか。という着眼点を加味していただくことをご提案しました。

Facebookページの情報公開範囲が「カスタム」になっていて検索エンジンでヒットしていなかったので、「一般公開」に変更

真面目な経営者様ほど、Facebookページの「情報公開範囲」を「設定」してしまいます。すなわち「国別制限」「年齢制限」を「設定」してしまうと、情報公開範囲が「カスタム」になり検索エンジンでヒットしません。

Facebookページは検索エンジンでヒットすることもメリットのひとつですので、ここを「一般公開」に変更していただきました。

画像加工の方法

スマホアプリを使って画像加工をすることをレクチャーさせていただきました。特にペンション様の料理などについて、より美味しそうに見せるような加工をご提案しました。

このペンション様は意中のキーワードで上位表示を達成しただけでなく、様々な趣向を凝らした取り組みがお客様に評価され、ますます繁盛なさっているようです。

ホームページコンサルタント永友事務所ご支援のポイント
●Web活用の基盤はブログです。アクセスを増やし引き合いを促す書きかたの助言サポートをしています。
●永友事務所自身でも2000記事以上のブログを書いています。具体的、実践的なアドバイスが可能です。
●スマホやアプリ等の操作レクチャーも可能です。Web運営効率化の時短テクニックもご紹介しています。

自社のHP内容、Web発信について見直したい経営者様へ

貴社のホームページは、顧客に伝わる言葉、表現になっていますか?また、顧客に届きやすいツールを選択していますか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「お客様目線の表現術」「Web活用の全体の最適化」について経営者様へのアドバイス実績が豊富です。
複数人お集まりいただいての、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「お客様目線のWeb発信について」とご連絡ください。

関連するページ

セミナーに2回参加され、その後1回の対面コンサルティングを経て売上アップした専門サービス業様
ホームページ改善相談