初回接触の呼称

ご相談事例2921「アクセス数が3倍になった資格学校様」とは、ホームページを見てくださったユーザーに、自社サービスを使っていただくにあたる「初回接触」の呼称についても討議しました。

初回接触とは、業種により様々ですが、

  • 相談会
  • 見学会
  • 内覧会
  • 初回打ち合わせ

などがあると思います。

この資格学校(資格スクール)様はそれまで、初回接触の呼称がやや漠然としたものでした。

そこで具体的で、かつ、ペルソナのベネフィットを含んだ呼称に変更することをご提案させていただきました。

初回接触の呼称は、商法上の決まりがあるわけでもないので、なんでも良いわけです。

なんでも良いわけですが、自社と接点を持っていただき、さらに「申し込み」に至らせるのが目的であるはずです。

それゆえ、いかにその初回接触を行ったほうがよいのかを感じさせる呼称が望ましいわけですね。

ホームページコンサルティングでは、このようなサービスの名称自体についてもディスカッションを行っていきます。

自社ホームページを客観的に見直したい経営者様へ

貴社のホームページは、顧客に伝わる言葉、表現になっていますか?また、顧客に届きやすいツールを選択していますか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「お客様目線の表現術」「Web活用の全体の最適化」について経営者様へのアドバイス実績が豊富です。
お仲間で集まっていただければ、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「お客様目線のWeb発信について」とご連絡ください。

関連するページ

永友事務所のホームページコンサルティング
ホームページ改善相談