ブログのトップページはどうあるべきか?

ご相談事例2921「アクセス数が3倍になった資格学校様」は当初、公式ホームページがあるだけで「ブログ」はありませんでした。

永友事務所のホームページコンサルティングでは、ほぼ間違いなく「ブログをやりましょう」というご提案をさせていただきます。
中小企業Web活用の基盤が「ブログ」であり、公式ホームページへのリンク供給やブランディングなど、様々な恩恵があります。

この資格学校(資格スクール)様はご自身の手でWordPressでブログを立ち上げることになりました。そこでいただいたご質問が「ブログのトップページはどうあるべきか?」というものでした。

WordPressはホームページのような見栄えにもできます。
逆に言うと、公式ホームページがあるなかで、ブログをWordPressを使って立ち上げた場合に、そのトップページをどうするか悩んでしまうクライアント様が少なくありません。

私は以下のようにご提案をさせていただきました。

ユーザー側は、ホームページかブログかで閲覧態度を分けているわけではないので、どっちがどのような効果を生むか正確に制御することは難しいです。

そのうえで、

・ホームページ:固定的な情報を提供する
・ブログ:記事の集合体

だと思いますので、それぞれのトップページは、

・ホームページ:各固定ページへの案内(つまりメニュー)をはっきり載せる
・ブログ:ひたすら各記事へ行ってもらうようにする

という役割かと思います。
もっと言えば、ブログは「記事」に直接検索からアクセスがあるのが普通なので、トップページの役割はほとんどありません。

このようなご説明を差し上げたところ、「とてもよく理解できました」との感想をいただきました。

公式ホームページとは別途立ち上げるブログの表紙(トップページ)は、極めてシンプルで良いと思っています。

自社ホームページを客観的に見直したい経営者様へ

貴社のホームページは、顧客に伝わる言葉、表現になっていますか?また、顧客に届きやすいツールを選択していますか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「お客様目線の表現術」「Web活用の全体の最適化」について経営者様へのアドバイス実績が豊富です。
お仲間で集まっていただければ、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「お客様目線のWeb発信について」とご連絡ください。

関連するページ

永友事務所のホームページコンサルティング
ホームページ改善相談