ページ下部での誘(いざな)い

ご相談事例2921「アクセス数が3倍になった資格学校様」は、情報提供型のホームページではなく、ホームページから自社サービス(つまり資格取得講座)に通っていただくことを目的にするということを再確認させていただいたわけです。

それを踏まえて改めて既存ホームページの下部を見ると、文章の末尾で「メインサービスと関係ない事柄」の案内とリンクが張ってある状態でした。

例えて言うならば、テニススクール様のホームページで、各ページの下部で「シャトルとラケットを通販しています」と書いてネット通販ページに誘導するような感じでした。

もちろん、収益向上のためにはネット通販も大事ですが、そもそもメインである「講座の受講」ということについてきちんと誘導してあげるのが筋であろうと思います。

本件では、各ページの下部で各講座のページに誘導するための文章をご提案させていただきました。この文章は、読み手(=ペルソナ)に共感してもらい、次も見てみようと思わせる文章にするのが肝要です。これもWebライティングの一つといえます。

ページの下部できちんと誘(いざな)いをしてあげると、当然ながらホームページ全体のページビュー(閲覧数)も伸びていくのです。

自社ホームページを客観的に見直したい経営者様へ

貴社のホームページは、顧客に伝わる言葉、表現になっていますか?また、顧客に届きやすいツールを選択していますか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「お客様目線の表現術」「Web活用の全体の最適化」について経営者様へのアドバイス実績が豊富です。
お仲間で集まっていただければ、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「お客様目線のWeb発信について」とご連絡ください。

関連するページ

永友事務所のホームページコンサルティング
ホームページ改善相談