「情報提供」型ホームページから一歩進めるためには?

ご相談事例2930までで、ホームページのコンセプト/ターゲットを整理するために「重要なお客様(ペルソナ)」の作成に取り組み、またお客様からの声をもとに自社の強みを洗い出した資格学校(資格スクール)様です。

「誰に」「どんな強み(ウリ)を伝えたい」ということが浮き彫りになりました。

次に重要なのは、この資格学校(資格スクール)様の「強み(ウリ)」を伝えられた「ペルソナ」に、「どうしてほしいのか」という着眼点を持つことです。

この資格学校(資格スクール)様の既存ホームページは、良くも悪くも「情報提供」に留まっていました。資格取得や勉強については、このようにすると良いですよ…という情報提供が主体のホームページでした。

この資格学校(資格スクール)様に問いかけました。「今までのように情報提供をするのがホームページの目的でしょうか。それとも、スクールに来ていただきたいのでしょうか?」
答えはもちろん後者でした。であるならば、スクールのサービス内容が、いかにペルソナのベネフィット(利益=資格試験合格)に寄与するかをきちんと訴えなければならないということを、再確認させていただきました。

逆に言えば、いままで蓄積してきた「資格取得や勉強については、このようにすると良いですよ」という親切なコンテンツを起点として、しっかりと「スクールのサービス内容」ページに誘導する動線、およびその内容整備が必要であることを納得していただきました。
「情報提供」型ホームページから一歩進めるためには、自社サービス内容がペルソナのベネフィット(利益)に寄与することをしっかりと描かなければなりません。

「ホームページを改善したい」というご要望は多いです。一方で、「誰(ペルソナ)にどうなってほしいのか。だとすればどのようなホームページ改善になるのか?」という手順・段取りまでイメージできている経営者様はほとんどいらっしゃいません。
そして、本来の目的とは違う方向でホームページを増改築している企業様も多いようです。

永友事務所では、ひとつひとつの階段をご一緒に登りながら、ご相談者様に納得していただき、最適解を探っています。

自社ホームページを客観的に見直したい経営者様へ

貴社のホームページは、顧客に伝わる言葉、表現になっていますか?また、顧客に届きやすいツールを選択していますか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「お客様目線の表現術」「Web活用の全体の最適化」について経営者様へのアドバイス実績が豊富です。
お仲間で集まっていただければ、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「お客様目線のWeb発信について」とご連絡ください。

関連するページ

永友事務所のホームページコンサルティング
ホームページ改善相談